口臭と生活習慣

口臭 サプリ 通販

 

毎日の生活の中で口臭をケアしていければ、口臭に悩むこともありません。

 

では具体的には口臭を毎日の生活の中でどのようにしてケアしていけばいいのでしょうか。

 

ずばり、口臭をケアするためには、生活習慣を見直す必要があります。

 

 

まずは、すぐに実践できる、簡単な方法

 

 

食事をした後は、食べ物の口臭を抑えるために、緑茶などを飲むと口臭を消すことができますし、餃子やにおいのきつい食事をした後には牛乳を飲めば口臭を消すことが可能ですので、毎日の生活の口臭予防に利用するといいでしょう。

 

他にも常に口臭が気になっているという人で、虫歯でもなく口腔内も清潔で病気にかかっているというわけでもないのに口臭が気になっているという人の場合には、口臭を抑えるためにも常に梅干しやレモンなどを摂取するようにしていれば、口のなかを清潔に保ってくれる唾液の分泌が活発になりますからそれによって口臭を抑えることが可能です。

 

 

毎日の生活で口臭を気をつける方法としてはほかにも、歯磨きの後にデンタルリンスなどで口のなかをゆすぐなどするということも口臭を予防することにつながってきます。

 

口臭予防のためには、毎日の生活習慣を少し気をつけるだけでも十分改善することが可能ですから心がけてみましょ

 

生活習慣と口臭の密接な関係とは?

唾液(だえき)には、殺菌力があります。

 

私たちの口の中は、唾液の殺菌力によって雑菌の増殖が抑えられ、口臭が起こらないような仕組みになっています。

 

唾液中の『リゾチーム』という酵素が、細菌の細胞壁を溶かして、破壊してくれると言われています。

 

リゾチームの攻撃から生き残った雑菌も、唾液と一緒にゴクンと飲み込まれ、ほとんどが胃酸によって死滅してしまいます。

 

逆に、唾液の分泌が低下すると、口の中の自浄作用が弱まって雑菌が増え、口臭の発生に結びついてしまいます。

 

 

誰でも、朝起きたばかりのときは口がにおうものです。

 

理由は、寝ている間に唾液の分泌量が減って雑菌力が低下し、口の中の雑菌が増えるためです。

 

そのほか、口や喉の渇きを感じたとき空腹時ストレスがかかって緊張したときなどにも分泌量が減るので、口臭が発生しやすくなります。

 

また、食生活の乱れは特に口臭をひどくします。

 

 

口臭,原因

 

朝食を抜くことが多かったり、規則正しい食事ができなかったりすると、唾液の分泌が促進されず、口中の雑菌はなかなか減ってくれません。

 

では、どうしたら、ニオイを防げるのかということですが。体内環境を弱アルカリ性に保つことが口臭・体臭を防ぐポイントになります。

 

偏食が多く、バランスの悪い食生活を送っていたり、アルコールやタバコの摂取量が多いと、間違いなく口臭や体臭に大きな影響が出ます。

 

また、口内や体内が酸性に傾くと、口臭・体臭が強くなるばかりか、様々な内臓疾患の原因にもなります。

 

口臭の有無や強弱は、立派な健康のバロメーターだと意識しておくことも自分のために大切なことです。

 

 

TOPページへ