加齢と口臭の関係について

口臭サプリ 人気 通販

口臭は年をとればとるほど、きつくなるといわれていますが、確かに加齢臭に口臭がきついということはよくあることですよね。

 

しかしなぜ、年齢がいけばいくほど口臭がきつくなるのでしょうか。

 

その理由は、年齢がいけばいくほど、口の中の唾液の量というのはどんどん減ってくるのだといわれています。

 

口の中の唾液は口のなかを清潔に保つ働きをしてくれていますから、自浄作用が働いて口を常にクリーンな状態に保ってくれていることになります。

 

ですが、そんなお掃除をしてくれる役目を果たしている唾液が、口の中になかったら、口の中が乾燥しますし、乾燥が口臭をさらにきつくしていることになります。

 

これらが理由で、年齢を重ねれば重ねるごとに口臭がきつくなっていくのです。

 

加齢による口臭のきつさは、あきらめるしかないと思っている人もいますが、口の中の乾燥を防ぐことで十分改善することは可能です。

 

どのようにして口の中の乾燥を防ぐのかというと、口の中が乾燥しないようにこまめに水分を取るなどすれば口の中の乾燥を防ぐことが十分可能です。

 

じつは、当店に来られるお客様の口臭が、精算時全く感じたことがなかった理由は、ここにありました。

 

お食事の最後は、必ずコーヒーや紅茶、お水などを飲まれてお話もされてからおかえりになるお客様が多いです。
この視点から考えてみると、お客様はしぜんと 口臭予防をしていたということになります。

 

 

 

TOPページへ