タバコと口臭

口臭サプリ おすすめ

 

口臭と煙草は、密接な関係があります。

 

 

煙草を吸っている人で口臭が気にならないという人はほぼ少ないと思いますが、
煙草を吸っている本人は、自分の口臭が気になってしまって常時ガムを噛んでいるとか、何か口臭対策をしている人もいます。

 

煙草を吸った後には、できるだけ口臭を消すための努力をしているという人は多いのではないでしょうか。

 

煙草を吸った直後の口臭というのは、煙草のにおいでもありますが、煙草のにおい以外にも口臭が発生してくるのが特徴です。

 

なぜ、煙草を吸っている人の口臭は気になるのでしょうか。

 

煙草の中にはニコチンやタールといった成分が含まれているのですが、このニコチンやタールは血行不良になるといわれています。

 

血行不良になった場合には、口の中の唾液があまり分泌されなくなってしまいます。

 

口のなかを清潔に保つことを目的として分泌されている唾液が、あまり分泌されなくなるということは口の中が不衛生な状態にもなりかねませんから、それによって口臭がきつくなってしまうということになります。

 

ですから、煙草を吸っている人は煙草のにおいの口臭はもちろんのこと、他にも、煙草による生理的な口臭もあるということになりますから、煙草を吸った後には口臭ケアが必要になってくるのではないでしょうか。

 

唾液が少なることで他にもデメリットが出てきます。それは、虫歯になりやすい状態になるということです。

 

そうなると、虫歯からの口臭が発生しやすくなります。 虫歯からの口臭は、本当にきつく、臭わされる人からすると、地獄です。。。。。。

 

ですので、オーラルケアは、できるだけマメにする方が絶対に良いです。

 

 

禁煙からのストレス

 

タバコが原因で口臭が気になっている人は、いちばん効果がある方法は、禁煙できるほうが良いのですが、それが簡単にできないから、喫煙者の方々は苦労しています。

 

それほど、タバコというものは中毒症状が強いものです。

 

これは病院の先生から聞いた話ですが、無理にでも禁煙をした人がいました。その人は、元々はあまりにもヘビースモーカーだったため、かなりの精神的なストレスがかかりました。そのストレスの解消方法は食べることに向かってしまって、結果、20キロも太ってしまいました。

 

それから、その人は糖尿病になってしまいました。。。。

 

このようなことも実際にあるので、色々なバランスを考えながら、ストレスをためないように、上手くオーラルケアをするべきです。

 

 

 

TOPページへ