ダイエットと口臭

口臭

口臭とダイエットはとても関係があるといわれています。

 

 

今まで口臭が気にならなかったという人が、ダイエットを始めてすぐから、口臭が急に気になりだすということはよくある話です。

 

 

しかしなぜ、口臭が気になり始めるのでしょうか。

 

 

ダイエットといっても、健康的に痩せるダイエットなら問題はないと思いますが、食事制限をしてカロリーを抑えてほとんど絶食に近いようなダイエットをする人が中にはいますね。

 

絶食をするような無理なダイエットというのは、痩せてダイエットにはつながるかもしれませんが、体の免疫力が落ちてしまいますし、代謝も悪くなってしまいます。

 

このことは唾液にも影響を与え、口臭を抑えてくれる働きのあるはずの唾液の分泌が全く行われなくなってしまいます。

 

唾液の分泌が減ってしまうということは、口臭を抑えることができなくなり、口の中で細菌がどんどん増えることにもなりますから、口臭がさらにきつくなるというわけです。

 

 

ダイエットをすると口臭が気になるという話はあまり知らないという人も多いかもしれませんが、ダイエットと口臭はとても関係性が高いといわれています。

 

ダイエットをするなら健康的に、無理なダイエットをすることのないように、十分注意して口臭にも気をつけましょう。

 

 

口臭と便秘

口臭と便秘が大きく関係しているので紹介したいと思います。

 

便秘というのは便が3日に一回以下しか出ないという人の状態を便秘といっているのですが、最近は1週間でも平気で便秘になっている人も多いのではないでしょうか。

 

便秘というのは色々な症状を起こす原因にもなりますが、腹痛やお腹周りの張りなどはわかる人もいますが、口臭の原因にもなるといわれていますから驚きです。

 

口臭と便秘はなぜ関係しているのかというと、腸の中にある悪玉菌は食べた食べ物の炭水化物などを腐敗させてそれから更に発酵させて、それが悪臭を出すということになるのです。

 

発生してしまった悪臭はどんどん血液の中をめぐって言って肺に到達します。

 

そして肺から口臭として口から出ていくということになっています。
便秘の人の口臭がどれくらい臭いものなのかということは、単純に考えてみるとおならと同じくらい臭いということになるでしょう。

 

おならが口から出ていると言っても過言ではありません。便秘の口臭の改善方法は、やはり便秘を解消するしか方法はありません。

 

便秘になって口臭が気になり始めたら、便秘を解消する方法を探して便秘を解消すれば口臭も気にならなくなります。

 

ガムなどで一時しのぎを口臭を抑えても根本的な解消にはつながりません。

 

 

 

TOPページへ