口臭測定

口臭測定という言葉を聞いたことがあるでしょうか。

 

口臭測定というのは、読んで字のごとく、口臭を測定するということなのですが、口臭というのは人の口臭は気になっても、自分の口臭はなかなか気がつかないものです。

 

自分の口臭に慣れてしまって、何も感じないという人が一般的です。
ですから口臭を自分で自覚しておくためには口臭測定を自分で行わなければいけないことになりますね。

 

 

口臭測定器と呼ばれる小さな機器がいまは色々と販売されています。

 

口臭測定を手軽に外出先でもできるようにと、携帯に便利なサイズになっていますから、口臭測定をトイレを出てお化粧直しをするついでに、行うことができてとても便利です。

 

自分の口臭は自分ではわかりにくいものですから、自分で口臭測定器を使えば、きっと口臭を測定できるのではないでしょうか。

 

 

 

口臭測定器を使って口臭の状態を把握しておけば、他人に不快な思いをさせるということもありませんし、もしも口臭が気になるという場合でもすぐに自分で気がついて対処することができるようになります。

 

口臭測定器は、今や化粧道具のひとつとして女性の間では必需品になりつつありますし、男性も、特に営業職などの人にとっては、口臭測定器を携帯してビジネスマンとしての身だしなみを整える時代です。

 

 

 

口臭と自臭症

 

口臭と自臭症についてですが、自臭症という名前を聞いたことがあるでしょうか。

 

口臭が起きる原因というのは、酸素が嫌がる細菌が発するガスが原因で、口の中を綺麗にするはずの唾液の分泌の量とも関係があるといわれています。

 

 

 

口臭の自臭症の人というのは、細菌は別に多いわけでもなく、口臭測定を行っても口臭があるとは測定結果が出ないのですが、自分自身は口臭を感じてしまうというのが口臭の自臭症です。

 

 

 

なぜ口臭は他人は感じないといっているのに自分は口臭を常に感じてしまうのでしょうか。

 

口臭を感じてしまっている理由としては、断続的に口臭が発生しているからだといわれています。

 

 

 

人の嗅覚というのは、ずっと続くにおいに関しては、麻痺をしてしまうのですが、断続的に口臭が発生する場合には、なんだかいつも口臭があるというように感じてしまうようになっています。

 

寝起きの口臭やお腹がすいたときの口臭、緊張したときの口臭というのは誰でもある口臭です。
これが断続的に起きていることによって、口臭がずっと続いていると勘違いして自臭症の人というのは悩んでしまいますし、口臭恐怖症に陥りやすいとも言われているのです。

 

 

 

自臭症の口臭は他人にとっては気にならない程度であっても本人にとっては口臭がきついと感じてしまいます。

 

 

口臭検査

口臭検査とは、口臭が気になる人が口臭外来や歯科などで受けることができる検査です。

 

口臭検査といっても色々な種類があります。

 

 

 

一般的な歯科では行われていない口臭検査の方法としてはガスクロマトグラフィという検査があります。

 

ですが、この設備はかなり高価なので準備している歯科はないでしょう。

 

 

 

他にも口臭検査には官能検査が行われます。

 

これはUBC式官能検査と呼ばれています。

 

すごくアナログですが、医師が直接チューブからの口臭のにおいを嗅いで検査をするという方法です。

 

 

 

そして口臭検査には、口臭測定器を使った検査も行われます。
メリットとしては正確に口臭の数値を知ることができるというような感じがするので患者にとってもわかりやすいのがメリットですが、デメリットとしては、実際には、ガスクロマトグラフィに比べるとその精密度は低くなるといわれています。

 

口臭の検査が行われて判定する基準としてはにおいがない、軽度、中度、強度、そして非常に強いという項目で口臭検査の判定が行われます。

 

強度は我慢ができるほどの悪臭で、非常に強いという判断になると、我慢ができないくらいの悪臭という口臭になります。

 

 

口臭の検査のためのにおいを分析する装置は今いろいろと研究が進んでいるのですが、人間の嗅覚に勝るものは作られていないために実際ににおいを嗅いで検査をするのが一般的です。

 

 

 

 

TOPページへ