病気が心配される口臭

口臭

次に紹介するのは、いずれも内臓の病気が原因で起こる口臭です。

 

 

自分の口臭が「おかしいかな?」と感じたら専門医に相談して、以下の病気の疑いがないかどうか、まずは診てもらいましょう。

 

 

口臭の原因の中で、歯周病に並んで多いのが胃腸病です。
胃炎や胃潰瘍、十二指腸潰瘍などにかかると、消化不良を起こしやすくなります。
その結果、食べた物が胃の中に停滞し、異常発酵するという、悪い流れになってしまいます。

 

そこで発生したニオイ物質が腸管から吸収され、血流に乗って肺から排泄、「卵の腐ったようなニオイ」の口臭となって出てくるのです。
また、腸の働きが低下したり、腸内に疾患がある場合は、腸内の細菌バランスが崩れ、悪玉菌が増加してニオイ物質を発生させます。

 

 

 

口臭サプリ おすすめ

胃腸の病気を起こす最大の原因は主にストレスといわれています。
その他、睡眠不足や暴飲暴食、偏食、美食(動物性脂肪とタンパク質の過剰摂取)、便秘なども胃腸病の原因にあげられます。

 

 

肝臓も、口臭発生に関係してくる臓器です。
肝臓の働きが正常の場合は、ニオイ物質は分解され、病的な口臭は発生しません。
ところが、慢性肝炎などで肝臓の働きが落ちてくると、分解しきれないニオイ物質が血液に乗って全身をめぐり、口臭や体臭となってあらわれます。

 

肝臓に問題がある場合の口臭は「ネズミ臭」といわれ、口の中が苦くなる特徴があります。
さらに重症になると、「カビ臭」や「腐敗臭とニンニクの混ざったニオイ」がするといわれています。

 

 

 

糖尿病の場合は、唾液が不足し、口の渇きを覚えるようになります。前途したように、唾液は口の中をいろいろな菌から守る役割をしています。
唾液が不足すると、歯周病の原因となる菌などが増殖し、口臭が強くなります。

 

糖尿病の人は歯周病になりやすいといわれていますが、それには口が渇き唾液が不足しがちという背景があるからでしょう。
さらに、糖尿病になるとインシュリンが不足して糖の分解が進まなくなるので、その代わりに体脂肪を燃焼してエネルギーを作り出そうとします。
その際、ケトン体という強いニオイ物質が発生し、血流に乗って全身へと送られるため甘酸っぱい口臭や体臭を生みだします。

 

糖尿病の人から甘酸っぱいニオイがするのはこのためです。その他、腎臓の病気があるときはアンモニア臭がするといいます。

 

口臭

また、気管支炎や肺炎などの呼吸器系の病気、蓄膿症やアレルギー性鼻炎、扁桃腺炎など、鼻やのどに病気を起こしている場合もきつい口臭がします。
これは、肺や気管支、鼻やのどなど、炎症を起こしている部分の皮膚組織がただれたり、化膿を起こし菌が増殖、

 

その結果、生臭いような、肉の腐ったような独特のニオイを放つようになるのです。それが吐く息とともに出てきて、口臭となります。

 

 

胃潰瘍(いかいよう)の口臭

胃潰瘍(いかいよう)の口臭はかなりきついといわれています。

 

口臭というのは生理的な口臭もありますが、何か病気が原因で発生している場合もあり、胃潰瘍も口臭を発生させる病気の一つです。

 

 

胃潰瘍になった場合にはどのような口臭がするのかというと、食べ物が腐ったような悪臭が発生するといわれています。

 

 

なぜ胃潰瘍になるとこのような口臭が発生するのでしょうか。

 

胃潰瘍になると悪臭が口臭として発生してしまう理由としては、胃潰瘍の人というのは、食べた物が胃の中で普通に消化されずに異常に消化されて、胃の中で発酵してしまうということもよくあります。

 

 

胃の中で発酵してしまった食べ物というのは胃の中でも悪臭を放っていると思いますが、それを血液中にも流れ込みますし、肺からその悪臭が出て、口臭になって口から出るというわけです。

 

 

最近口臭がやたらと臭いとか、臭いを通り越して悪臭になっていると感じている人は、もしかすると、ただの口臭ではなくて、胃潰瘍になっていて胃の中で食べ物が発酵しすぎて腐っているということも考えられます。

 

 

胃潰瘍(いかいよう)が悪化しないためにも、口臭が気になりだしたら早めに病院へ行ってみてもらうようにしましょう。

 

 

胃潰瘍が原因の口臭は胃潰瘍の治療をすればおさまります。

 

 

 

TOPページへ